「知らないうちに体を冷やしている原因」カテゴリーアーカイブ

知らずに行っている身体を冷やす原因

こんにちは八王子在住のシングルマザーの真美です。連休ですね。今年は連休が少ないから、何だか貴重な連休に思えます。

大変な思いをしてきて、娘にも辛い思いをさせてしまったという自負があり、一日一日を大切にしたくて、今日は娘に洋服を買ってあげようとセレオに行ってきました。気に入ったものが見つかったみたいで良かったです。

高いブランドものの洋服は買ってあげられませんが、安くてもカワイイ子供服もいっぱいあるんです。最初私が選んだワンピースを試着させたのですが、気に入ってもらえず、娘本人が選んだワンピースを買いました。

自分の好みのものがはっきりしているんです。以前は私が選んだものを着てくれていたんですが、女の子は本当に成長が早いんだなと実感しました。私は男の子のこどもがいないので比べようもないのですけど。

今日は前回に引き続き、普段の行動が身体を冷やす原因になっているということについて残りの要因について書いていきたいと思います。

【知らないうちに身体を冷やしてしまう原因を作っています】

④入浴法が悪い
最近の若い人たちの間では、特に夏になると湯舟にしっかりつからずに、で入浴をすませることが多いようですね。これも、低体温化の一因になっています。

湯舟にきちんと入る入浴は、全身の血流をよくして、全臓器・細胞の新陳代謝を促進します。体熱を上昇させる効果があるんです。また、発汗や排尿を増やして、冷えの一因となる体内の余分な水分を排泄して、さらなる体温上昇を促してくれる効果があるんです。

最近はシャワーだけで済ませてしまうかたも多いみたいですが、週末だけでも湯船につかると良いですね。

⑤食べ物・食べ方で体を冷やしてしまう
食べ物選びを誤っていることも体温を下げている原因の一つです。大きく分けても、4つの原因が考えられます。

●食べ過ぎ
食べ過ぎると、とたんに眠くなったり、疲れがどっと出たりしませんか。特に飲まず食わずで何か仕事に夢中になっていた時は、頭脳も冴え、体の疲れもさほど感じずに頑張れることが多いのに、食べると急に心身ともに疲れが出てくることをよく経験されてきた方もいらっしゃるかと思います。

なぜなら、食物を消化するためには、胃腸の壁に多量の血液を配給して胃腸を働かせる必要があるからなのです。つまり、脳や筋肉へ配給される血液量が少なくなる事が原因です。

人間の体内の各臓器は、血液が運んでくる栄養、酸素、水、白血球、免疫物質などによって養われています。したがって、血液の配給が少ないところに病気が発生しやすいし、逆に血液の配給をよくすれば病気は治りやすくなるのです。

私たちはお腹が痛い時はお腹に、腰が痛い時は腰にと自然と手を当てるものだが、これは手を当てて患部を温め、血流をよくして病気や症状を治そうとする本能からくる行動なのです。

よって、「手当て」が「治療」の語源になったわけなのです。食べ過ぎると胃腸に血が集まり、産熱量の多い骨格筋、脳、心臓の筋肉をはじめ、胃腸以外の器官や細胞への血液供給量が低下するため、かえって体熱が低下するんです。

その結果、さまざまな病気を誘発する要因にもなりえます。逆に、小食にしたり断食すると、胃腸への血流が少なくてすんで、多くの臓器への血流が比較的多くなるために、病気が治りやすくなるのである。

プチ断食すると健康的になるのはこのためなんです。私もダイエットの為にプチ断食やったことがあるんですが、最初は頭がぼけーってしてしまうのですが、だんだん身体が軽くなって、頭も冴えてきます(*^^)v

●体を冷やす食べ物
タンパク質やビタミン、ミネラルを多く含む食べ物を、栄養のある、健康にいい食べ物とするのが分析学である「栄養学」の考え方です。

また、栄養学では食物を燃やした時に生じる熱量で、その食物の持つカロリー量を決めているんです。しかし、漢方医学では2000年も前から、食べると体を温める食物を「陽性食品」、逆に体を冷やす食物を「陰性食品」として、病気の治療や健康の増進に利用してきたのです。

食べ物の性質の中には、カロリーだけでは説明できないものがあるということになります。この観点から現代日本人の食生活を見ると、体を冷やす食べ物をとり過ぎているきらいがあります。

体を冷やす食べ物を列挙すると、
・水分の多い食べ物――水、酢、お茶、コーヒー、コーラ、ジュース、牛乳、ビール
・南方産の食べ物――バナナ、パイナップル、ミカン、レモン、メロン、トマト、キュウリ、スイカ、カレー、コーヒー、緑茶
・白っぽい食べ物――白砂糖、化学調味料、化学薬品
・柔らかい食べ物――パン、バター、マヨネーズ、クリーム
・生野菜

なぜ、この5つの特徴がある食べ物が体を冷やすのでしょうか。

水分多い食べ物の「水分」の功罪についてお話していきたいと思います。

「南方産の食べ物」は、それを食べる南方に住む人は毎日暑くて仕方がないのだから、そこでとれる食べ物は体を冷やすようにできているのです。これは良く言われていますよね。夏の野菜は身体を冷やす効果があるとかも。

まさに天の配剤というべきものですね。

「白っぽい食べ物」は、雪を見て誰も温かそうだとは思わないし、白い顔をした人は冷え性であるように、青白色の外観をした食べ物は体を冷やすのです。

「柔らかい食べ物」は、水分か油を多く含んでいる食べ物でもあります。水も油も体を冷やす性質があるます。

「生野菜」は、青白くて水分を多く含むので体を冷やします。私の親の代の幼少時の日本では、生野菜のサラダを食べる習性はなかったそうです。野菜は煮たり焼いたり、炒めたり、漬け物にして食べていたのです。これはつまり、温める工夫をしていたということになります。

また、パンやバター、マヨネーズなどの洋食もほとんど食べなかったし、バナナやパイナップルなど南方産の果物は高価過ぎて手が出なかった時代です。

水分も清涼飲料水といえば夏のラムネくらいしかなく、いまのようにあらゆる場所に清涼飲料水の自動販売機が設置してあって、いつでも飲めるという状態ではなかったのです。こうした一世代前とは違う食生活の変化も、体の冷え=低体温を招いた原因です。つまり、現代人は総じて体を冷やす食べ物を食べ過ぎている、といえるのです。

季節関係なく果物も野菜も食べることができますし、いつでも冷たいものも飲める状態です。スターバックスでも冬でも女の子たちはフラペチーノを飲んでいますし、低体温化が進んでしまいますね。

でも、暖かい店内で冷たいものを食べるのって幸せなんですよね。わかります。

今日は少し長くなってしまったので、また次回に続きます。

 

 

 

あっ、ところで ほうれい線 無くす 化粧品 を使い始めたんですけど凄くお肌の調子が良くなりました~!!

皆さんも一度ここから確認してみて下さい~(^^)/

 

 

 

低体温化の意外な原因とは?知らないうちに体を冷やしている可能性も

こんにちは八王子在住でシングルマザーの真美です。卒業式や入学式のシーズンですね。うちの娘は小学生で4月から学年が一つ上がります。

最近は娘の成長を見ているのが楽しくて、こんなことが出来るようになったんだって、感動することが多いんです。40代になってから一気に涙もろくなってきました。というのも、娘は発達障害なのです。

そのことに気づけなかった私は、娘をキツく叱ってしまったこともありました。本当に娘には申し訳ないことをしてしまったと反省しております。今は、娘の一番の理解者でありたいと思っています。

だから、娘の成長が楽しいのです。

娘は最近私と一緒に夕飯の準備を手伝ってくれているのですが、どうやら、料理が好きみたいです。包丁大丈夫かなとか、心配でオロオロしてしまうのですが、上手に野菜を切ってサラダを作ってくれます。このひと時が私の癒しの時間です(^^♪

では、今日も体を温めることの重要性についてお話していきたいと思います。

【知らないうちに身体を冷やしてしまう原因があります】

安静時でなく、体を動かすと、筋肉からの産熱量の割合は筋肉質の人の場合では80%近くまで上昇するのです。

体温を上昇させ、冷えを改善し、病気を予防するためには、筋肉運動がいかに大切かが推測できる事と思います。

普段の生活で、知らないうちに自分の体を冷やしていることがあります。その主な原因は、下記の6点です。

・冷房の影響
・間違った入浴法
・薬(化学薬品)の飲みすぎ
・下半身の運動不足
・ストレスで欠航が悪くなる
・体を冷やしてしまう食べ物を食べる

ということが挙げられます。

私たちの体にはこのようなメカニズムが備わっているのに、なぜ、現代人の体温は下がってしまつているのでしょうか。大きく分けて上記に記載した6つの要因が考えられるのです。

あなたにもここと当たりがあるのではないでしょうか。一個一個詳しく見ていきたいと思います。

①筋肉不足(特に下半身)
これまで調べてきた事実から、運動不足、つまり筋肉運動の低下が産熱量の低下をもたらすことが推測できます。人間の筋肉の70%以上は腰より下に存在しているので、よく歩くことや、下肢を使うスポーツが大切なこともお分かりいただけるかなと思います。

足の裏は第2の心臓ともいわれているし、下肢の運動により筋肉の収縮と弛緩が十分に行なわれると、「乳搾り効果」で、血液の心臓への還流もよくなるんです。その結果、全身の血流がよくなつて、体の全細胞・組織の代謝が促進されて、体熱が上昇します。

よって、下肢を使った運動は、体温の上昇に極めて大切であるし、逆に下肢を動かさないと体が冷えてくるということになります。

私も運動ほとんどしないので、気を付けないといけないなと感じています。もう43歳ですから。

②夏型の暮らしを一年中することと冷暖房の悪影響
現代文明社会では、電車やバス、クルマなどの乗り物の中、オフイスやデパートの中、それに自宅の中までクーラーが利いていますよね。

夏はそもそも人間の体の基礎代謝が低下し、産熱しにくい状態にあるのです。これは暑さをしのぐための機能です。アイスクリーム、ビール、氷菓子、冷や麦、生野菜など、体を冷やす食べ物を多くとり、食べ物からも体を冷やして暑い夏を乗り越えようとするのが先祖から伝わる生活の知恵であったのです。

つまり、夏には体を冷やすための体の生理や生活習慣が備わっているのです。そのうえ、現代文明生活ではクーラーが加わって体の冷えに拍車をかけるのだから、現代人に体温低下が起こるのは、むしろ当然のことといえるのです。

私も娘も暑がりなので、ついエアコンをつけっぱなしにしてしまうんですよね。氷を入れた冷たい麦茶やジュースも体に良くないとわかってはいるものの、やっぱり暑い夏に飲むとシャキッとして美味しいんですよね。

③ストレスで血行を悪くしている
現代文明社会はストレス社会でもあります。

ストレスがかかると、緊張のホルモンであるアドレナリンやノルアドレナリンの分泌が高まり、血管が収縮して血行が悪くなり、やがて体温が低下してくるのです。ただし、脳からの産熱量はかなり多いのです。

よって、逆にあまりにストレスのないボーッとした状態では脳の血流が悪くなり、脳での産熱量が低下して体温の低下を招くことにもなります。ですから、ちょっと逆説的ではありますが、ストレスはほどほどにあったほうがいいといえるのです。

頭脳労働者の中に、ほとんど肉体運動をしないのにかなり長生きしている人が多いのは、脳細胞の活動による産熱量の促進が一因と考えられています。

今回は長くなってしまいましたので、6つの主な要因のうち、3つご紹介いたしました。身体によくないとわかってはいるものの、やっぱり夏には冷たい飲み物を飲みたいし、アイスも食べたいし、エアコンもつけてお部屋を冷やしたいですよね。

でも、これらが体を冷やす原因になってしまいますので、気を付ける意識を持っていこうと思います。可愛い娘がアイス食べたい!って言っても、週に3回までにしようかなとか考えてます。

まつげが長い女性ってきれいですよね。この間電車に乗っていて、立っているときに目の前に座っている女性のまつ毛を上から見ると、マツエクしてるっぽくてそのまつげが長くてきれいで、いいな~って思ってしまいました。

私って自まつげが短いので、まつげ美容液で伸ばしていこうかなって思いました。今まつげ美容液っていっぱいありますよね。昔なんて、全然見かけなかったのに。しっかり伸ばしたいって思ったから、1000円くらいのよりもちょっといいのを買おうかなって思って、エマーキットまつげ美容液が気になってます。

アットコスメでも人気で、駅ビルのコスメショップでも売ってるから今度見てます。