「体温が低いと病気になりやすい」カテゴリーアーカイブ

体温低下は病気になる大きな原因!毎日体温測って病気予防

こんにちは真美です。今日は娘が夕飯の支度を手伝ってくれました。最近何かを察知してか自分から進んで手伝ってくれるんです。

これから二人でやっていかなくてはいけないので、娘も何かを感じて私を手伝ってくれるようになりました。本当に、娘の存在にいつも私は助けられています。

女の子って小さくても大人びている所があるんですよね。まだ幼いって思っていたのにこんなに感受性の高い子に育ってくれて感謝です。親ばかかもしれませんが頼りになる娘です。ますます娘を幸せにするために私も奮闘します!

【平均体温が低下している昨今、低体温は万病のもと!】

当ブログでご紹介させて頂いている『体温が下がると病気になりやすい』という事ですが、冷え=体温低下が、さまざまな病気の発生と関連していることを考えると、「私たち現代文明人が毎日測定しなければならないのは、体重より体温である」ということが決して言いすぎではないと思いませんか。

いまや30歳以下の若い人で、ヒトの平均体温とされる36.5℃の体温がある人はむしろ例外的なんです。ほとんどの人が36.0℃前後しかないのが現状です。中には、35.0℃未満の人もいるんです。

ちなみに、私は36.3℃と少し平均より低い数値です。

平熱が35℃未満だと、これでは冷え性、むくみ、肥満、アレルギー、膠原病、高脂血症、生理不順、生理痛、慢性疲労症候群、肺炎、気管支炎・肝炎などの感染症、痛風、糖尿病などなど、ありとあらゆる病気になるのは当然と言えてしまうかもしれません。

さらに、低体温化傾向は若い人ばかりの現象かと思っていましたが、私が看護師として勤務していた時、さまざまな年齢の患者さんの体温を測ってみると、驚くべきことに、老若男女、いまの日本人はほとんどが低体温傾向にあるなと思っていました。

これでは病気が多いはずですね。では、私たちの体を温めている「熱」とは、どこから生まれているのでしょうか。その元は、もちろん食べ物です。熱は私たちが口に入れた食物の化学エネルギーが体内で変化して産生されています。

糖質の大部分はデンプンとして摂取され、唾液や膵液中のアミラーゼにより二糖類の麦芽糖まで分解されます。その他、糖質は蔗糖(砂糖)や乳糖など二糖類としても摂取されます。

麦芽類、蔗糖、乳糖などは、それぞれマルターゼ、スクラーゼ、ラクターゼによリブドウ糖に分解されて、小腸から血液内に入っていきます。タンパク質は、胃液のペプシン、膵液のトリプシンなどによつてアミノ酸まで分解され、小腸から血液に吸収されるのです。

ちょっと専門的なことですが、この辺は、本やネットで調べてみました。こういうちょっと難しいことも調べるのはとても楽しいです。最近は、娘と一緒に料理をすることがあるので、将来娘が栄養学などに興味を持ってもらえると良いなと思っています。

食物中の脂肪(中性脂肪=トリグリセリド)は胆汁酸塩や膵液中のリパーゼにより、脂肪酸とモノグリセリドまで分解され、小腸からリンパ管内に入り、脂肪組織に蓄積されます。必要な時、血液中に脂肪酸として出て行き、アルブミン(タンパク質)と結合して遊離脂肪酸となり、あちこちの組織に運ばれてエネルギー源となります。

体内に取り込まれた糖、アミノ酸、遊離脂肪酸などのエネルギー基質は、各細胞の中のミトコンドリアという小器官内のクエン酸回路で酸化されてエネルギーを産生します。このエネルギーは、骨格筋の収縮や生体の働きの維持に利用されます。

これら体内の各細胞・組織・器官の働きの結果、熱が産生され、体温の維持活動に働くことになるのです。

では、体のどこから熱が生まれるかについてです。
◎安静時の状態
骨格筋・・・約22%
肝臓 ・・・約20%
脳  ・・・約18%
心臓 ・・・約11%
腎臓 ・・・約7%
皮膚 ・・・約5%
その他・・・約17%

となります。

私は、肝臓がアルコールの分解をしたりとか、デトックス作用をしてくれているので、一番熱を産み出しているのかなと思ったのですが、わずかにですが骨格筋が一番熱を産み出している量が多いんですね。

ただし、安静時の部位別産熱量は、体重の半分の重量もある骨格筋が一番多いですが、体重の0・5%ほどしかない心臓が約11%も占めているのだから、いかに心臓の産熱量が大きいかがお分かりいただけるかと思います。肝臓も体重の2〜3%の重量しかないが、産熱量は20%にも及びます。

こうやって考えると心臓も肝臓も身体の数%しかないのにこれだけの熱量を産出しているというのは凄いことですよね。

実はうちの娘も低体温で、35℃台が平熱なんです。だいたい35.6℃です。ですから、娘が私の平均体温である36.3℃を出すと、微熱ってことになりますね。

身体を温めることの大切さ、体温を上げることの大切さを学んでいると、忙しくても娘の健康のために食事にも気を使って行きたいと思います。まだ時期的に暖房も必要ですし、寒さを感じる季節ですから、暖かいスープを毎食食べて身体を温めると良いかもしれません。

 

それと、私の周りでは冬の乾燥トラブルお肌対策に  メディプラスゲル  がとっても人気があってみんな使ってるんです。一度ここからチェックして見ると良いかもしれません~!